カードローン会社のいくつかの種類について

カードローンを取り扱っている金融機関は、いくつかの種類に分けられます。まず、カードローンを取り扱っている機関の種類として、銀行が挙げられます。この機関としては大手の都市行から中小の地方行まで幅広く存在しています。そうした金融機関では、個人向けのキャッシング事業を積極的に行うようになっています。近年の法人向けの貸し出しは鈍化傾向が出ているために、個人向けのキャッシング事業を強化する動きが出ているからです。銀行のカードローンの審査は他の機関よりは厳しい傾向がありますが、ここ数年では主婦やパートでもカードローンの審査が通る状況が出てきています。また、キャッシングの金利としては、ほかの機関よりも低くなる傾向があります。とくに当行で預金や給与受取りなどを行っている場合には、キャッシング条件が有利になる場合があります。次にカードローン会社の種類としては、消費者金融会社が挙げられます。この種類の会社においては、銀行系と独立系の2つにさらに分けられる特徴があります。銀行系の会社では信用力が高くなっているため、比較的安心して利用できる環境があります。こうした会社のキャッシングの審査は比較的緩い傾向がありますが、金利はやや高くなることが起こり得ます。したがって、金融機関を探す際には、信用力の高い人はまず銀行で審査を受けることが大事となってきます。しかし、非正規雇用者などでは消費者金融に頼らざるを得ないことも起こってきます。