キャッシング出来ない理由とは何か考えよう

キャッシングは少額融資となっているため、担保や保証人を必要とせず、利用しやすい融資となっています。
特に消費者金融の場合は門戸も広くなっていると言えるため、比較的安定した収入がある人で成人してれば、融資不可と判断されてしまう場合は少ないと言っても過言ではありません。
しかし実際には審査に通らずに契約すらできないという事もあります。

 

その理由の一つとして考える事が出来るのが、安定した収入が無いという事です。
消費者金融の場合は無職では残念ながら利用する事が出来ません。
また収入がいくらあったとしても、それに大きな波が有る場合も利用は不可と判断されてしまう事が有ります。
あくまでも返済する事が出来るかどうか、滞納する事はないかと言う事を考えての融資となるからです。

 

もう一つは既に一度その金融機関の利用停止となった事があるという事です。
口座にお金が入っていないとか、滞納が続いてしまうとその金融機関から督促状が届き、それでも返済できない場合は利用停止措置が取られて全額一気に返済と言う事になります。
その場合、金融機関としてはその人は融資してはいけない人だと判断する事になる為、契約が出来ないという事が有ります。

 

後は、クレジットカードでキャッシングしようとした場合です。
ショッピング枠とキャッシング枠がクレジットカードにはありますが、ショッピングをし過ぎてしまうとキャッシング枠の空きがなくなってしまい、結果的に借り入れが出来なくなってしまうので注意が必要です。