クレジットカードとカードローンの違いって何だろう

カードを利用するという点、さらに利用する時に審査が必要と言う点から行くと、クレジットカードとカードローンは同じものの様に見えますが、他の部分では色々な違いがあります。
その一つが可能となる借入額です。
利用する金融機関によっても変わりますが、カードローンの方が沢山借りる事が出来る場合も少なくありません。

 

もう一つはキャッシングを利用する時の会社です。
クレジットカードの場合は信販系となる事が多いのですが、カードローンの場合は銀行など様々な金融機関から借りる事になります。
その金融機関、会社によって適用される金利も変わってくる為、返済総額も大きく変わる場合も少なくありません。
また最短で借りる事が出来るまでのスピードが違う事もあります。

 

あとは適用される金利です。
クレジットカードの場合は、大体18%程度が適用されるのですが、カードローンの場合は17.8%程度までの金利となっています。
その差はほんの少しで何も違わないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。
借り入れ額によっては数パーセントの違いであったとしても大きな影響を及ぼす原因となります。

 

また抑々クレジットカードの場合はショッピング枠のみにする事もできる為、キャッシング自体が出来ないという事も珍しくありません。
したがってこうしたお金に関係するカードを持っていれば必ずしも融資を受ける事が出来るかと言ったらそういう訳ではなく、その人の所有しているカードの種類によっては融資が受けられない事がある、機能が違うというのが大きな違いです。
山形銀行