消費者金融でパートはいくらまで借りられる?

パートをしている主婦でも収入があれば、消費者金融で借りることは可能です。自身に収入があるなら、配偶者の収入証明なども不要です。パートの人が消費者金融を利用する場合、重要になるのはその年収です。貸金業法では年収の3分の1を超える融資が禁止されています。年収が90万円なら、借りられる限度額は30万円までです。他社からすでに10万円の借り入れがあるなら、20万円までになります。

 

意外と盲点なのが、クレジットカードのキャッシング枠も借入額に入るということです。クレジットカードを何枚も所有している人は、そのキャッシング枠を合計してみましょう。利用していないクレジットカードを解約することで、借りられる限度額が上がる可能性はあります。

 

銀行では貸金業法が適用されないので、年収の3分の1を超える融資を受けることも可能です。銀行でも夫に内緒で借りることは相談できます。銀行で借りる場合には過去1年間に一回でもクレジットカードの支払などで延滞をしていると審査に通ることは難しくなります。ほとんどのの人は気をつけていると思いますが、クレジットカードや携帯電話の支払いでは延滞をしないようにしておきましょう。

 

消費者金融で借りる場合でも、年収の3分の1までは法律でゆるされていますが、実際にはそれよりも低い金額になってしまうこともよくあります。例えば、年収が90万円ならば法律上は30万円まで借りることができますが、それはあくまで法律でそうなっているというだけであり、いくら貸すのかを決めるのは金融機関ですので、それより低くなることもあります。最初は10万円から20万円くらいが目安と思っておくとよいかもしれません。